年に2回開催される一大イベント、「コミックマーケット」

コミケは戦場とも言われるほど混雑率が半端ではなく、事前準備なしに遊び半分の気持ちで参加すると確実にばててしまいます。

また、コミケは昼過ぎからの参加であっても、夏は炎天下の暑さ、冬は寒さにさらされるため、かなり過酷な環境です。

そのため、例え昼過ぎ以降に参加する場合でも、事前に持って行く持ち物はしっかりと用意して当日スムーズにブースを見て回りたいところです。

今回は、このコミックマーケットに昼過ぎから参加する際に持って行くべき物や、持って行った方が良いものについて解説していきます。

コミケへ持って行くべき持ち物はこれ!

ほぼ必須な持ち物

会場案内図のコピー(コミケのカタログ)

komikekatarogutizu

東京ビッグサイトは会場が非常に広く参加団体も膨大な数なので、会場のどこに何が配置されているのか、その地図がないと間違いなく迷います。

それら会場の案内図はコミケ開催前に販売される「コミケカタログ」に全て記載されています。カタログ自体は非常に重たいので、必要個所は事前にコピーを取っておくと荷物も少なくて済みます。

コミケに入場料はないので参加者全員がカタログを購入する必要はありませんが、会場の案内図だけでなく、参加にあたってのマナーや注意事項などコミケに必要になる情報が詰まっているのでコミケに参加するなら購入しておいた方が良いです。

また、カタログはコミケ当日の会場でも販売されますが、当日カタログを購入していきなり目的のブースを探したり、回るルートを考えるのは無理があります。

そのため、カタログの会場案内図のコピーは必ず事前に用意しておき、どのブースを回るのか目印を付けておくのが望ましいです。

100円玉・500円玉・1000円札

okanekozeni

コミケのサークルで販売される同人誌は100円から500円など100円単位の金額、企業ブースの物販は1000円単位の金額で販売されることが多いです。そのため、現金は100円、500円、そして1000円札の3種類を多めに持って行くと良いです。

5000円札や1万円札は一般のサークル参加者にとって、お釣りを渡す手間がかかってしまうのでできる限り小銭を用意して参加者に負担をかけないようにしたいです。

また、交通費やSuicaを入れた財布とは別にコミケで使う財布を用意しておくとその場で現金をすぐに取り出せるので、いちいち財布を取り出す手間が省けます。

コミケは大混雑するイベントなので貴重品の管理にも十分注意したいですね。

夏コミなら飲み物

suibunhokyupetobotoru

夏のコミケは例年炎天下の中で、なおかつ人混みも凄まじいために、飲み物で水分をしっかり補給しないと冗談抜きに熱中症になる危険があります。

夏コミであれば飲み物の持参は必須です。

当日会場の自動販売機で購入するのは困難なので、持参していくのが望ましいです。

水だけ水分を取っても意味ないので、塩分やその他ミネラルも含まれているスポーツドリンクを持参しましょう。

逆に、お茶やコーヒーは利尿作用があり、途中でトイレに行きたくなる可能性が高いです。会場のトイレは混雑するため利尿作用のある飲み物は控えた方が良いでしょう。

また、冷たい飲み物ばかり飲んでいるとお腹を壊す可能性もあるので、常温の飲み物もあった方が良いですね。

個人的に、昼から夕方まで会場を見て回るのであれば500mlのペットボトルは最低でも2~3本はあった方が良いと思います。また、1本ぐらいは凍らせて持って行くと体を冷やせるのでオススメです。

傘以外の雨具(レインコートやカッパ)

reinkoutoamagukapa

コミケは雨天でも開催されるイベントなので雨具が必要になる場合があります。

しかし、コミケには大勢の人が参加し会場内は大変混雑しているため、傘をさすのは他の人にぶつかったり思わぬトラブルに発展する恐れがあります。

kasaamagudame

コミケの運営側も傘の使用は控えるよう注意を促しており、レインコート、カッパなどの使用を呼び掛けています。

特に、初めて行く方は間違えやすいポイントなので注意しましょう。また、突然雨が降ってくる可能性もないとは言い切れないので、雨具は必ず用意しておきたいです。

持って行った方が良いアイテム

トートバッグなど大きめの袋

bakkutoutokomonoire

コミケでは購入した同人誌やグッツを持ち帰るために紙袋をもらえることがあります。

ただ、コミケは成人向けの同人誌も販売されるので配布される紙袋の中には過激な表現のものあることでしょう。

コミケの会場内で持ち歩くのであればまだ問題ありませんが、いったんコミケの会場の外に出るとそれらの萌え紙袋を持って歩いていると周りから白い目で見られる可能性が高いです。

それら萌え・エロ系の紙袋は、コミケに参加しない人からしたら何事かと驚いてしまうので、その点の配慮もマナーの1つです。

布製のトートバックや入れ替えられる他の袋があればコミケで買ったものを周りの目を気にすることなく持ち帰ることができます。

いろんな同人誌を購入しようと考えているのであれば、買ったものをしまえるバッグなどがあると良いですね。

ただ、紙袋だと雨が降った時に困るので、できれば濡れても問題ないバッグを使いたいです。

軽食・食べ物

昼からコミケへ行くのであれば食べ物が必要になることは少ないですが、一日中歩き回っているとお腹が空くこともあるでしょう。

できる限り荷物はコンパクトで、なおかつ夏コミの場合は食中毒の危険もあるので、食べ物を持っていくのであればゼリー飲料やカロリーメイト、クッキーといった携帯食が良いですね。

モバイルバッテリー

sumahobatteri

コミケは会場が非常に混み合うので通信回線も混雑しています。そのため、スマホのバッテリー消費量も多くなりがちです。

また、待機列に並んでいる時に時間つぶしにスマホを使う機会も多いので普段よりもバッテリーの消費もおおくなるでしょう。

特に、万が一の時に連絡が取れないと困るので、緊急用のモバイルバッテリーがあると何かと安心です。

小型のものでも良いので、モバイルバッテリーも用意しておきましょう。

 

まとめ:昼過ぎ参加でも準備はしっかりと!

昼からコミケに参加するのであれば、始発組のようにがっちり準備をする必要はありませんが、それでも目的のブースを確実に回るため・体調を維持するために事前準備はしっかりとしておいた方が良いです。

特に、夏コミの場合には炎天下の中を歩き回ることになるので、飲み物は必ず用意しておく必要があります。

過酷なコミケと行っても準備と体調をしっかりと整えておけば問題ないので、当日困ることのないよう昼からの参加でもしっかりと荷物を用意してコミケへ参加しましょう!