皆さんは、高速バスのシート(座席)を選ぶ際には何を重要視しているでしょうか?

高速バスと言えば、格安というイメージがある反面、長時間乗り続けるのは辛いというイメージもあるでしょう。

私自身、これまでにいくつもの高速バス・夜行バスを利用してきましたが、高速バスを利用するのであれば3列独立シートのバスを強くオススメします!

今回は、その3列独立シートの良さや快適性について紹介していきたいと思います!

3列独立シートをオススメする理由

座席が独立しているので狭くない

3列独立シートは、各座席が隣の座席とくっついておらず、それぞれ通路を挟んで独立している座席のことを言います。

通常の4列シートの場合、どの座席であっても隣の人と近くに座るため、プライバシーの面で劣るだけでなく、

  • 体格の大きい人が隣に来て窮屈な思いをする
  • いびきや貧乏ゆすりなどが気になる
  • ニオイが気になる

といったことから、隣に座る人によっては不快な思いをすることもあります。

3列独立シートなら、隣は窓か通路のどちらかになるので、見知らぬ人と隣り合わせになることはありません。

パーキングエリア等での休憩においても、隣に座っている人を気にすることなく席を立つことができるのも魅力的です。

 

前後の座席間隔も4列ゆったりシートと同じぐらいの余裕があります。

また、どの座席であっても通路側に足を投げ出すことができるので、4列ゆったりの座席よりも窮屈さを感じにくいです。

ただし、3列独立でもバス先頭部分の座席は足を伸ばしずらいこともあります。

座席指定ができるなら、最前列の座席は避けた方が良いでしょう。

夜行バスでの利用が一番オススメ!

個人的に、3列独立のバスを利用するなら、夜行バスで利用することを強くオススメします。

夜行バスの運行路線には長距離を走るものも多く、中には8~9時間以上の長時間乗車になる路線もあります。

また、夜行バスは深夜に移動することから、バスの中は消灯されることが殆どであり、到着までは寝て過ごすことが殆どです。

 

昼行便であれば、バスの中ではスマホをいじったり、本を読むといった暇つぶしが可能ですが、夜行バスは車内を消灯する関係上、それら暇つぶしは不可能です。

そのため、4列シートの夜行バスでは、隣の人のことに気を使いつつ寝ることになるので、リラックスできずに全く眠れない可能性もあります。

3列独立シートであれば、他の客と隣り合わせになることがないため、ぐっすりと熟睡することも可能です。

快適性を考えると料金はそこまで高くない

3列独立シートは、4列シートの高速バスに比べると料金はやや高いです。

おおよその相場としては、4列ゆったりシートよりも2000円~3000円ほど割高といった感じです。

とにかく格安で高速バスを利用したいという気持ちも分かりますが、現実的に4列シートの座席に長時間乗車するのは体力的に厳しいかと思いますね。

若い方なら多少は我慢できるかと思いますが、何時間も乗っていると腰が痛くなったり、狭苦しくて寝付けないといったデメリットがあります。

 

私自身、東京から青森へ行く際、4列ゆったりシートの夜行バスを利用したことがありますが、見知らぬ人と隣り合わせの座席で9時間も乗り続けるのは苦痛でした。

個人的に、3時間以上乗車する場合や、夜行バスを利用する際には、多少値段が高くても3列独立シートをオススメします。

3列独立シートの値段は確かに高いですが、快適性に関しては値段以上の価値を得られるのは間違いないです。

4列シートでよくある「目的地に着くまでに疲れ切ってしまう」というような事態も、3列独立の高速バスならまずありません。

また、3列独立のバスでも、新幹線や飛行機(LCCを除く)の運賃よりも高くなることは殆どなく、コストパフォーマンスでも十分に優れています。

ちなみに、3列独立よりも快適性に優れる「2列シート」もありますが、こちらは快適性に優れる分、「安さ」という高速バスの利点がなくなってしまいます。

コスパと快適性の両方を踏まえると、3列独立がちょうど良い位置にあると言えるのです。

まとめ:料金は若干高いが、快適性は根底の差!

3列独立シートは、4列シートの高速バスに比べると料金はやや高く、4列シートの料金より2000円~3000円ほど高くなることでしょう。

しかし、快適性に関しては根底の差です。

4列シートのバスと3列独立のバスを乗り比べてみれば、あなたも3列シートの良さが分かるはずです。笑

特に、3時間以上乗車し続ける場合や、夜行バスといった長時間バスに乗らなくてはいけない路線であるほど、3列シートの真価を発揮できます!

他の人と隣り合わせで接触することもなく、目的地まで快適に過ごすことができるので、あなたも一度は3列シートの高速バスを利用してみてはどうでしょうか?