本州・岡山と四国・高松を瀬戸大橋経由で結ぶ快速列車「快速マリンライナー」

快速マリンライナーは最速130km/hで走行し、在来線の普通列車としては早くて便利な列車の1つです!

 

そんな快速マリンライナーには2階建て車両が付いており、通常の自由席に加えて、指定席とグリーン席の2つの座席があります。

今回は、そんな快速マリンライナーの停車駅や、指定席券の購入方法等について解説していきます。

快速マリンライナーの停車駅

快速マリンライナーの停車駅は、

・岡山(おかやま)
・※大元(おおもと)
・※備前西市(びぜんにしいち)
・※妹尾(せのお)
・※早島(はやしま)
・茶屋町(ちゃやまち)
・※植松(うえまつ)
・※木見(きみ)
・※上の町(かみのちょう)
・児島(こじま)
・坂出(さかいで)
・※鴨川(かもがわ)
・※国分(こくぶ)
・※端岡(はしおか)
・※鬼無(きなし)
・高松(たかまつ)

となります。※の駅は一部のマリンライナーが停車。

 

快速マリンライナーの各座席と利用料金

快速マリンライナーの特別料金は以下の通りです。

・普通車自由席:特別料金不要
・普通車指定席(1階席):520円
・グリーン車指定席(2階席):50キロまで770円、50キロ以上980円

 

これに乗車区間に応じた乗車券が必要になります。

※岡山~高松の運賃(乗車券料金)は片道1,510円です。

 

自由席車両

自由席車両は他の普通列車と同様の車両です。

自由席に乗る場合、座席指定券は不要なので特別料金もかかりません。青春18きっぷでも利用できます。

 

ちなみに、普通車自由席でも車内はクロスシートとなってます。

岡山~高松を乗り通しても1時間程度なので、普通車自由席でも十分快適です。

 

1階席の指定券

高松寄り先頭1号車に指定席があります。

関東の普通列車グリーン席と同じような構造であり、車両の1階席部分が普通車指定席となっています。

 

1階席を利用するには、乗車券の他に指定券(520円)が必要です。

なお、1階席は青春18きっぷと指定券の組み合わせでも利用できます。

 

ただし、1階席は普通車自由席よりも座席位置が低い位置にあるので車窓はあまりよくないです。

「車窓を楽しみたい」という方には指定席はオススメできません。

 

指定席は、途中駅からでも必ず座席に座りたいという方にオススメと言えます。

 

2階席のグリーン車

グリーン車の利用料金は、距離に応じて料金が変わります。

50キロ未満(例:岡山~児島)で770円、それ以上の距離(例:岡山~高松)だと980円です。

 

グリーン車には座席にテーブルが付いています。※コンセントはありません。

 

2階席からは展望も良く、沿線の景色を大いに満喫できる人気の座席です。

 

特に、高松行きの先頭座席はパノラマになっているので、車窓を大いに楽しめます。

※画像は岡山行きの列車なので座席位置が逆です。

 

パノラマ座席を利用するなら、高松行きのマリンライナーで、座席番号A~Dの1番を選びましょう。

パノラマ座席は人気なので、指定券は早めに予約することをオススメします。

 

なお、2階席のグリーン車には、青春18きっぷを利用しての乗車はできません。

グリーン車を利用する場合、別途で普通乗車券やフリーパス等を購入する必要があるので注意しましょう。

 

快速マリンライナーの割引切符

e5489専用 チケットレス特急券

JR西日本のインターネット予約サービス「e5489」での予約で、マリンライナーの指定券が320円(200円割引)となります。

 

また、J-WESTカード会員であれば、eチケットレス特急券でさらに安くなり、グリーン券も割引になります。

 

チケットレス特急券は、乗車日の1か月前から当日まで購入でき、チケットレスなので切符を発券する手間がかかりません。

通年で利用できるので、片道から少しでも安く利用するならe5489からの購入がオススメです。

 

まとめ:2階席は18きっぷで乗れないので注意!

このように快速マリンライナーは、普通車自由席であれば特別料金が不要で、指定席やグリーン車を利用する際は別途指定券の購入が必要になります。

 

青春18きっぷを利用する場合、自由席と1階席の指定席のみ乗車可能で、2階席のグリーン車には乗車できません。

2階席グリーン車を利用する場合は、普通乗車券や他のフリーパス等を利用しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

関連:【在来線最速列車まとめ】普通列車で一番早いのはどれ?