本州の岡山と四国の高知を結ぶJR西日本・四国の特急列車「特急南風(なんぷう)」

南風は瀬戸大橋を経由して四国を縦貫している特急列車であり、岡山~高知を約2時間40分で結びます。

 

今回は、そんな特急南風の停車駅や料金、お得な割引切符について解説していきます。

特急南風の停車駅と列車編成

・岡山(おかやま)
・児島(こじま)
※宇多津
・丸亀(まるがめ)
・多度津(たどつ)
・善通寺(ぜんつうじ)
・琴平(ことひら)
・阿波池田(あわいけだ)
・大歩危(おおぼけ)
※大杉
・土佐山田
・後免(ごめん)
・高知(こうち)

※は一部の南風が停車。また、土佐くろしお鉄道の中村・宿毛まで直通している列車もあります。

なお、特急南風の宿毛直通は、2019年3月春のダイヤ改正で廃止されることが決まっています。(特急あしずりに接続予定)

 

特急南風は基本3両または4両編成ですが、列車によって7~8両編成に増結される場合があります。

グリーン車は高知・宿毛側の1号車で固定ですが、自由席と指定席は列車によって配置がことなるので注意したいです。

 

なお、特急南風では一部列車で車内販売を行っています。(丸亀~琴平間)

コンセントはグリーン車の一部座席にのみ付いていますが、普通車には付いていません。

 

特急南風の通常料金(運賃)

主な区間の料金は以下の通りです。

※下段は特急料金のみの金額です。また指定席料金は全て通常期です。

岡山発自由席指定席グリーン車
善通寺2,330円
1,180円
2,850円
1,700円
3,610円
2,460円
琴平2,510円
1,180円
3,030円
1,700円
3,790円
2,460円
阿波池田3,080円
1,180円
3,600円
1,700円
4,360円
2,460円
大歩危4,020円
1,830円
4,540円
2,350円
6,770円
4,580円
後免・高知5,440円
2,160円
5,960円
2,680円
8,190円
4,910円
窪川7,070円
2,380円
7,590円
2,900円
11,180円
6,490円
中村8,570円
2,790円
9,300円
3,520円
13,500円
7,720円
宿毛9,290円
3,000円
10,020円
3,730円
14,220円
7,930円

 

高知発自由席指定席グリーン車
阿波池田2,820円
1,180円
3,340円
1,700円
4,100円
2,460円
琴平3,930円
1,830円
4,450円
2,350円
6,680円
4,580円
善通寺4,260円
1,830円
4,780円
2,350円
7,010円
4,580円

 

特急南風(岡山⇒高知)で利用できる割引切符

南風で利用できる割引切符には、

などがあります。

ただし、これらは高知出発限定だったり、区間が限られた切符が大半で、岡山方面から四国へ行く際に利用できる切符は少ないです。

 

岡山発⇒高知でも利用できる切符は以下の切符になります。

 

四国くるりきっぷ ※2019年3月28日まで発売

四国くるりきっぷ」は、JR西日本のインターネット予約サービスe5489限定の割引切符です。

大阪・岡山方面からの新幹線・特急列車の往復切符(自由席)と、JR四国の全線と指定のバスのフリー切符がセットになっています。

 

料金は以下の通りです。

・京都市内から:17,500円
・大阪市内から:17,000円
・神戸市内から:16,500円
・岡山から:12,000円

いずれも有効期限は連続する3日間です。

 

単純な往復だけでは元は取れませんが、往復+αの移動をするのであれば便利でお得な切符です!

なお、切符は3日前までにe5489にて購入する必要があるので注意しましょう。

 

学割

学生さんなら学割を利用することで乗車券を安くできます。

片道の移動距離が101キロ以上で利用でき、乗車券が2割引きになります。※特急券は要別途購入

 

南風の運行区間である岡山~高知間は片道179kmなので、岡山~高知では学割を利用できます。

学割後の乗車券は片道2,620円です。

 

ただし、窪川~宿毛間は土佐くろしお鉄道の区間であり、学割は適用されないので注意しましょう。

学割についての詳細は「学割乗車券の購入方法」を参考に。

 

乗り継ぎ割引

乗り継ぎ割引とは、東海道・山陽新幹線と在来線を乗り継ぐ場合に、特急南風の特急料金が割引になる制度です。

 

 

例えば、新大阪から新幹線で岡山まで移動し、岡山から高知には特急南風で移動するとします。

この場合、通常岡山~高知の特急料金は指定席で2,680円ですが、乗り継ぎ割引で1,340円になります。

 

ただし、乗り継ぎ割引を利用するには、基本的に当日中に新幹線と在来線を乗り継ぐ場合のみ有効で、なおかつ新幹線と特急南風の特急券を同時購入することが条件です。

乗り継ぎ割引の詳細については「乗り継ぎ割引切符のルールと購入方法」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:岡山⇒高知の割引は少ない

このように特急南風は、本州の岡山と高知・宿毛を結ぶ特急列車であり、乗車には乗車券の他に特急券が必要になります。

岡山方面からの割引は数少ないですが、乗り継ぎ割引や周遊タイプの割引切符を利用できるので、目的に応じて割引切符も上手く活用させましょう!

 

以上、参考になれば幸いです。

 

マリンライナーの停車駅と料金はこれ!指定席なら18きっぷで乗車可能

【特急やくもの停車駅と運賃】割引切符やパノラマカーの乗り方を解説