新大阪から博多間を結ぶ山陽新幹線には主に、「みずほ」「さくら」「こだま」の3つの種別があります。

しかし、区間によっては東海道新幹線から乗り入れる、「のぞみ」と「ひかり」も加わるので、山陽新幹線には実質的に5つの種別が走っている状況にあります。

在来線のように、普通・快速・特急といった明確な表記がないので、普段新幹線を利用しない人からしたら、どの列車がどの駅に停まるのか分からないことでしょう。

今回は、そんな山陽新幹線の各種別の違いについて、分かりやすく解説していきます。

山陽新幹線の5つの種別

「みずほ」と「のぞみ」:山陽新幹線で最も早い列車

山陽新幹線の「みずほ」と東海道新幹線から乗り入れて来る「のぞみ」は、どちらもほぼ同じ種別であり、速達性に優れた最も早い列車となっています。

「みずほ」と「のぞみ」が違うのは、運行区間の違いです。

「みずほ」は、新大阪~鹿児島中央間で運行されており、九州新幹線まで乗り入れるのが特徴です。(新大阪~博多:約2時間30分、新大阪~鹿児島中央:約3時間50分)

一方の、のぞみは東京~博多の区間で運行されています。(東京~博多:約5時間3分、新大阪~博多:約2時間30分)

運行区間が違うので、新大阪や新神戸から熊本や鹿児島など九州の主要駅へ行く場合には「みずほ」を。

博多や岡山から東京方面へ行く場合や、東京・新大阪方面から岡山・博多へ行く場合は、「のぞみ」を利用すると良いです。

また、「みずほ」は「のぞみ」と同様、速達性に優れる分、他の種別より指定席特急券の料金が数百円ほど割増しになっています。

「さくら」と「ひかり」:「みずほ・のぞみ」の次に早い列車

「さくら」と「ひかり」は、「みずほ」と「のぞみ」の次に早い列車です。

2つの違いは運行区間であり、

  • さくら:新大阪から九州新幹線の熊本・鹿児島中央まで
  • ひかり:東京~岡山区間、新大阪~博多区間

となっており、走っている区間が違います。

ひかりは東京方面の東海道新幹線から乗り入れる列車も多く、東京~岡山、または新大阪~博多の区間で運行されてます。

一方の、さくらは新大阪から熊本・鹿児島中央区間を走っており、九州新幹線まで乗り入れるのが特徴です。

九州新幹線まで乗り入れるのは「みずほ」と同じですが、「みずほ」よりも停車駅は多くなります。

「みずほ」や「のぞみ」が通過する駅を利用する場合に、「さくら」「ひかり」を利用しましょう。

こだま:一番遅い各駅停車の列車

こだまは山陽新幹線の中では最も遅く、全ての駅に停車する山陽新幹線の各駅停車となっています。

東海道新幹線の「こだま」と同じ役割を持つ列車であり、「ひかり」や「さくら」が通過する駅を利用する時に乗車する列車です。

こだまは、東海道新幹線では東京~新大阪間を、山陽新幹線では新大阪~博多を結んでいます。九州新幹線には乗り入れていません。

各駅停車なので乗り通すと所要時間はかなり長くなり、新大阪~岡山で約1時間15分、新大阪~広島で約3時間、新大阪~博多で約4時間40分です。

所要時間は長くなりますが、その分「こだま」専用の割引切符も多いので、できる限り安く新幹線を利用したい場合にも「こだま」は便利です。

まとめ:種別が複雑なので、事前確認を忘れずに!

このように山陽新幹線には、「みずほ」「さくら」「こだま」、そして「のぞみ」と「ひかり」も走っているのでとにかく複雑です。

列車の速達性では

  • 「みずほ」「のぞみ」が最速
  • 「さくら」「ひかり」が次に早い
  • 「こだま」は各駅停車

という感じです。とにかく早く主要駅へアクセスしたい場合は、「みずほ」か「のぞみ」を利用しましょう。

また、運行区間については

  • 「みずほ」「さくら」:新大阪~熊本・鹿児島間
  • 「のぞみ」「ひかり」「こだま」:東京~博多間

となっているので、九州へ行く場合には「みずほ」または「さくら」を利用すれば良いです。

ただ、同じ種別でも、列車によって停車駅が異なる場合があるので、乗車する列車の停車駅は事前にしっかりと確認しておきましょう。

東海道新幹線の「のぞみ」「ひかり」「こだま」の違いについてはこちら!(クリックで移動します)