新幹線の乗車マナーの中でしばし問題となっている「スーツケース・トランクの置き場所」の問題。

新幹線は飛行機のように大型荷物を預けることができず、車内へ持ち込まなくてはいけません。

しかし、荷物棚に乗せられないような大型の荷物は置き場所に困るだけでなく、時に通路を塞いでしまったり、転がって他人にぶつかるなどしてトラブルを招く恐れがあります。

今回は、そんな大型スーツケースを持ち込む際の注意点及び対処法について解説していきます。

大型スーツケースを持ち込むためには

デッキ・通路に放置はNG

大型スーツケースを持ち込む際にまず気を付けたいことは、スーツケースをデッキや通路に放置しないということです。

スーツケースがデッキや通路に放置されると、他の乗客や乗務員が移動する際に邪魔になります。

また、盗難や車内トラブルにも繋がる恐れがあるので、デッキや通路に放置するのは避け、スーツケースは必ず自分の近くに置くようにしましょう。

 

車両最後部に置く

車両の進行方向に対して最後部になる座席の後ろには、大型のスーツケースを置けるだけのスペースがあります。

基本的に、大型のスーツケースを車内に持ち込む場合には、その最後部に置くのが望ましいです。

ただし、最後部座席に他の乗客が座っている際は一声かけてから置き、前方座席のリクライニングを妨げないよう置き方にも配慮する必要があります。

また、自分から離れた位置にあると盗難の危険があるので、できる限り最後部近くに座るのが望ましいです。

 

一番理想的なのは、最後部座席の指定券を自分で予約することです。

自分が最後部座席に座れば、後ろに気兼ねなく置くことができるので、指定席予約の際には、まず最初に最後部の座席が選択できないか検討しましょう。

自由席の場合、始発列車かつ先頭に並ぶことで最後部座席を確保することもできますが、あまりオススメできません。

確実にスーツケースを置くためにも指定券を取ることをオススメします。

 

座席の足元に置く

最後部に置くことができない場合は、基本的に足元に置くようにしましょう。

新幹線の座席は普通席でも比較的前後に余裕があるので、余程大きな物でなければ大抵足元に置くことができます。

ただ、前の座席に近すぎるとリクライニングの妨げとなる恐れもあるので、できる限り手前側に寄せて置いておくのが望ましいです。

 

グリーン車を利用する

グリーン車を利用するためには別途で追加料金が必要ですが、グリーン車は普通席よりも座席の前後間隔が広いです。

また、通常の指定席や自由席と比べて、混雑時でもグリーン車は空いていることが多く、出発直前でも切符が取りやすいというメリットもあります。

座席配置に余裕がある分スーツケースを足元に置いても邪魔になりずらいため、大型スーツケースを持ち込む際はグリーン車の利用も検討すると良いでしょう。

 

やむを得ず通路側に置く場合

時に、希望の座席が取れなかった、足元にスーツケースを置けないといった理由で、やむを得ずスーツケースが通路にはみ出てしまう時もあるかと思います。

そのようなやむを得ない状況の際は、スーツケースが動かないよう手でしっかりと押さえて、目を離さないようにしましょう。

固定せずに放置したり目を離していると、列車の揺れでスーツケースが転がって行ってしまいます。

転がってきたスーツケースにぶつかるとケガを負うだけでなく、車内トラブルの原因にも繋がりかねません。

スーツケースからは目を離さず、通路を通る人への配慮を忘れないよう十分注意したいです。

 

まとめ:理想は最後部、基本は足元に置くべき

このように荷物棚に収まらない大きなスーツケースを持ち込む際は、最後部座席の後ろか自分の足元に置いておくのが望ましいです。

確実に最後部のスペースを利用するためにも、早めに指定席を取ったり、自由席なら始発かつ早めに並ぶようにしましょう。

間違ってもデッキに放置したり、通路を塞いでしまうことの無いよう十分注意したいです。