「飲み会などで遅くまで残ってしまい、終電を逃してしまった!」

この記事を見ているということは、恐らく終電を逃した経験があるか、今まさに終電を逃した状況にいることでしょう。

終電を逃した場合には、朝の始発列車までの時間を何とかして過ごす必要があります。

今回は、終電を逃した時の対処法について解説していきます。

終電を逃した時の対処法

ビジネスホテルやカプセルホテルに泊まる

hoterusyukuhaku

安全かつ、ゆっくり体を休める必要がある場合には、近くのビジネスホテルやカプセルホテルに泊まるのがオススメです。

一泊3000~7000円ほどかかりますが快適性は抜群であり、次の日に疲れが残ることも少ないです。

確実かつゆっくりと休みたい場合や安全な寝床を確保したい場合は近くのカプセルホテルなどに泊まりましょう。

一人であれば、カプセルホテルは予約なしで利用できることがほとんどです。

 

ネットカフェ・マンガ喫茶で過ごす

ネットカフェやマンガ喫茶はカプセルホテルほどの快適さはないものの、比較的安価でゆっくりと休むことができます。

フリードリンクもあるので飲み物に困らず、暇つぶしにネットや漫画もあるので終電後の時間つぶしには最適です。

また、多くのネットカフェには個室があるので、ゆっくりと休みたい場合には個室を選んだ方が良いでしょう。

カプセルホテルほどの費用は出せないけれども、ファミレスやカラオケなどは他人の目が気になって不安といった場合にネットカフェはオススメですね。

ただ、その人気さから夜でも満席の状態になっている可能性もあるので、ネットカフェで過ごすと決めたら早めに行動しましょう。

24時間営業のカラオケ

カラオケも終電後の一晩を過ごすにはちょうど良い場所です。

部屋によっては横になって寝ることもできるため、ネットカフェ・マンガ喫茶と並んで役に立ちます。

個人的には、ネットカフェの方が快適さで優れているのでそちらをオススメしますが、ネットカフェは利用率や料金のこともあるので、どちらが良いかは所持金とその時の状況で判断しましょう。

24時間営業のファミレスやファーストフード店

famiresuresutoran

一部のファミレスは24時間営業でやっているところもあり、そこで朝まで過ごすことが可能です。

がっつりと寝ることは難しく、何か1品注文する必要がありますが、安いものを注文することで安価で朝まで過ごすことができます。

私自身、学生時代にはよく友人と共に朝までファミレスで過ごしたことが何回かありますね。快適さはありませんが安価で朝まで過ごすのであれば特にオススメです。

ちなみに、マクドナルドなどのファーストフード店でも24時間営業のところであれば、終電後の選択肢に入ります。

ただ、どちらにしても寝ると店員さんに起こされる可能性があるので、ぐっすりと寝たい時に利用するのは控えた方が良いです。

友人の家に泊めてもらう

もし、友人が近くに住んでいるのであれば、友人の家に泊まるのも方法の1つです。

あまり夜遅くに連絡を取るのは迷惑になってしまうので、できれば事前に泊めて欲しいということを伝えておくのが望ましいです。

安全でなおかつ、お金もほとんどかからずに朝まで過ごすことができますが、友人関係や状況によっても大きく左右されるのがデメリットと言えます。

泊めてもらえればラッキーといった感じですね。

タクシーで帰宅する

終電後に家に帰る必要がある場合には、タクシーを利用して帰るのも選択肢の1つとなります。

自宅までの距離にも寄りますが、どうしても家に帰らなくてはならない時にはタクシーを利用するのが望ましいです。

タクシーは一人で乗るとお金がかかるというデメリットがありますが、確実に帰宅するのであればタクシーの利用を検討しましょう。

特に、終電後はタクシーを利用して帰宅する人が多いので、家に帰ると決めたのであれば早めにタクシーを呼ぶことをオススメします。

野宿(非推奨)

全くお金を持っておらずやむをえない状況にある場合には、朝まで寝ないで過ごすか、野宿する以外に方法はありません。

ただ、これは安全面でもリスクを伴うので極力避けたいです。多少のお金はかかってもカラオケやファミレスといった安全なところで過ごした方が良いでしょう。

もしも野宿する場合には貴重品や持ち物には十分注意してください。

まとめ:多少のお金はかかっても野宿は避けるべき

このように終電を逃してしまった後に、朝まで過ごすための対処法はいくつかあります。

ただ、野宿は安全面・健康面ともに悪いので、個人的には多少のお金をかけてでもネットカフェやカラオケ、ファミレスなど屋内で過ごすことを強くオススメします。

終電を逃した際にはできる限り早めに寝床、時間つぶしの場所を確保しましょう。