新幹線や特急列車は、事故や災害などで運休となった場合や、乗車予定の列車が2時間以上遅延した場合特急料金の払い戻しができます。

 

運休や大幅な遅延が起こると焦ってしまいがちですが、払い戻しには条件があるので、落ち着いて払い戻し手続きを行いましょう。

今回は、新幹線や特急列車が遅延/運休した時の払い戻し方法について、解説していきます。

列車が運休した場合の払い戻し

台風や大雨、大雪といった何らかの理由で列車が運休してしまった場合、手数料なしで切符を払い戻すことができます。

 

払い戻しができる切符は基本的に、普通乗車券/特急券/指定券の3つです。

割引切符に関しては、各切符によって払い戻しが可能かどうかは異なるので駅係員に尋ねましょう。

 

関連:【運休・遅延証明が必須】ぷらっとこだまの払い戻し条件について

 

定期券や回数券に関しては、5日以上連続して不通となった場合にのみ、払い戻しまたは有効期間の延長ができます。

 

乗っていた列車が途中で運休となった場合、特急券を払い戻した上で後続列車へ振り替えが可能です。

運休で旅行を取りやめる場合、全額払い戻しの上、出発地まで無料で戻ることもできます。

 

列車が運休になった場合は、駅窓口にて払い戻し手続きを行いましょう。

また、列車乗車中に乗り継ぎ予定の列車が運休した場合は、列車内の車掌さんに申し出て手続きを行ってもらいましょう。

 

なお、クレジットカード決済で購入した切符は、購入した鉄道会社の窓口での払い戻しが原則となっています。

管轄外の場合は、窓口で運休証明を受けた後、後日購入した駅窓口にて払い戻しを行いましょう。

 

列車が2時間以上遅延した場合

指定席特急券の払い戻し

指定した列車の到着が2時間以上遅延した場合、指定席特急料金が払い戻されます。

払い戻されるのは指定席特急料金のみで、運賃(乗車券)やグリーン料金は払い戻されません。

 

2時間以上の遅延が条件ですが、途中で遅延が回復し、遅れが2時間未満になった場合は払い戻しできません。

 

払い戻しは運休の時と同様に、駅の窓口にて行います。

列車内では払い戻し手続きができないので、基本的に下車した駅窓口にて払い戻しを行いましょう。

 

自由席特急券の払い戻し

自由席特急券も指定券と同様に、2時間以上遅延した場合に特急料金の払い戻しが可能です。

 

ただし、自由席特急券の場合、切符に記載された情報だけではどの列車を利用したか判別できません。

そのため、2時間以上の遅延が明らかな場合は、列車内の車掌さんに申し出るか、降車駅の有人改札で遅延証明を貰いましょう。

 

新幹線の場合、自動改札機に切符を通すことで自動的に遅延証明の印字が押されますが、状況によっては切符が回収されてしまう可能性もあります。

時間に余裕があるなら有人改札で遅延証明を受けることをオススメします。

 

払い戻し手続きの期限

運休した切符の払い戻しと、遅延証明を受けた特急券の払い戻し期限は1年間となっています。

 

ただし、運休/遅延してから日数が経過してしまうと、その列車が本当に運休/遅延したかどうか、その確認や事情説明に手間がかかってしまいます。

 

そのため、払い戻し手続きを行う場合は、できる限り早くに窓口へ行った方がスムーズに払い戻し手続きを行えます。

後から払い戻しを行うのはいろいろと面倒なので、個人的には証明を受けた日から一週間以内を目安に払い戻し手続きを行いましょう。

 

まとめ

このように列車が運休または2時間以上遅延した場合は、料金の全額または一部を払い戻すことができます。

自由席特急券の場合は、2時間以上の遅延を証明しなくてはいけないので、早めに列車内の車掌または駅係員に事情を説明し、遅延証明を受けましょう。

 

新幹線・在来特急のどちらにしても、遅延証明があれば払い戻しは後日でも可能なので、最低限、遅延証明だけは忘れずに受けるようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

切符ルールの関連記事

【切符を買い間違えた時の対処法】使用開始前なら払い戻しが可能

指定券から自由席特急券への変更は不可!乗車変更のルールについて

【学生さんなら2割引き】学割乗車券の買い方と注意点はこれ!

【往復割引乗車券は本当にお得?】往復割引を使うならツアーの方が便利な理由

指定席特急券の繁忙期・通常期・閑散期の違いとは?