西武鉄道の主力特急「特急レッドアロー」の後継車として登場した「特急ラビュー/Laview」

今までの特急列車とは全く異なるその斬新なデザインから、「かっこいい」という声もあれば「ダサい」という声もあるなど、大きな話題を呼んだ車両です。

 

この特急ラビューは、従来の特急レッドアローと同様に池袋~西武秩父を結ぶ特急列車として活躍しています。

今回は、そんな特急ラビューの停車駅や料金、切符の予約方法等について解説していきます。

1、特急ラビューの停車駅

特急ラビューには秩父へのアクセスを目的とした「ちちぶ号」と、区間運転の「むさし号」の2種類あります。

「ちちぶ号」は池袋~西武秩父を結ぶ列車で、途中停車駅は以下の通りです。

  • 池袋(いけぶくろ)
  • 所沢(ところざわ)
  • 入間市(いるまし)
  • 飯能(はんのう)
  • 横瀬(よこせ)
  • 西武秩父(せいぶちちぶ)

秩父方面へアクセスしたい場合は、こちらの「ちちぶ号」を利用しましょう。

 

一方、「むさし号」は池袋~飯能間を走ります。途中停車駅は「ちちぶ号」と同じです。

「むさし号」は西武秩父には行かないので注意してください。

 

主な区間の所要時間は以下の通りです。

  • 池袋~秩父:約1時間20分
  • 池袋~飯能:約40分
  • 池袋~所沢:約22分

池袋から秩父まで乗っても1時間半もかかりません。

 

2、特急ラビューの運賃・料金

特急ラビューは特別料金が必要な特急列車であり、乗車には乗車券の他に特急券が必要になります。

主な区間の合計料金と運賃+特急料金の内訳は以下の通りです。

池袋~西武秩父合計1,480円
780円+700円
池袋~飯能合計970円
470円+500円
池袋~所沢合計740円
340円+400円

特急料金は既存のレッドアローと同じ料金です。

他の鉄道各線と比較して特急料金は安く、料金・速達性共に優れています。

 

3、特急券の予約・購入方法

特急ラビューは全席指定席の特急列車です。

満席になると乗車できません。

そのため、可能なら事前に特急券の予約購入をオススメします。

 

レッドアローの予約購入方法には以下3つの方法があります。

  • 駅窓口または自動券売機で予約購入
  • インターネット予約
  • 旅行代理店(JTB各店舗)からの申し込み

どの購入方法でも特急券の予約購入は乗車日の1ヵ月前からとなっています。

 

駅で特急券を購入する場合

特急券は指定席券売機か特急券売機、または駅窓口にて購入します。

ラビューの停車駅であれば駅に特急券売機が設置されているので、そちらから当日分の特急券を購入できます。

翌日以降の特急券を予約・購入したい場合は、改札外にある指定席券売機か駅窓口を利用しましょう。

 

インターネット予約について

レッドアローの切符はインターネットからも予約することができます。

インターネット予約には2つの方法があり

の2つの方法があります。

 

頻繁に特急列車を利用する方はチケットレスサービスを、それ以外の方はインターネット予約サービスがオススメです。

インターネット予約で特急券を予約した場合は、列車出発の10分前までに券売機にて特急券を購入しましょう。

 

旅行代理店からの申し込み

レッドアローの切符は旅行代理店から申し込むことも可能です。

また、インターネット予約サービスで予約した特急券を、代理店で購入することも出来ます。

 

利用できる代理店は、JTB各店舗です。

ただし、取り扱い手数料が発生するため、基本的には上記のインターネット予約の利用をオススメ致します。

 

4、特急ラビューの乗り方

特急券の購入が完了したら、あとは特急券を持ってラビューに乗るだけです。

ホーム上の足元にラビューの乗車位置が書かれているので、それを参考に並びましょう。

 

なお、ラビューは全席指定席なので、購入済みの指定席に座っていれば切符の確認はありません。

ただし、万が一のために購入した特急券は降車するまで無くさないように十分注意しましょう。

 

5、車内設備・サービスについて

特急ラビューは8両編成であり、従来のレッドアロー(西武10000系)の7両編成から1両増加しています。

大きな窓が特徴的であり車窓を大いに楽しめますが、夜間はカーテンを閉めないと車内の様子が丸見えです。笑

 

特急ラビューは全体的に暖色系の明るい車内となっています。

床には絨毯が敷かれており、足音が響きづらいです。

 

座席のリクライニングは背面とひじ掛けが連動して動く独特な構造です。

初見ではちょっとビックリしましたが、しっかりと体に馴染む自然な座り心地でかなり良いです。

 

ラビューの各座席には小さいテーブルとモバイル用コンセントが設置されています。

コンセントはひじ掛け下の部分に付いています。

 

通常の座席の正面には大型のテーブルも付いています。

 

座席上部の荷物棚はガラス張りとなっています。

透けて見えることで荷物の置き忘れ防止に役立つことでしょう。

 

車両の前方と後方には大きな案内板があります。画面が大きく座席からも見やすいです。

 

トイレ・お手洗いは1号車と5号車にあります。

なお、5号車には通常のトイレ以外に女性専用のトイレもあります。

 

ちなみに、レッドアローにあった「自動販売機」は特急ラビューには設置していません。

車内販売もないので、飲み物等は予め駅ホームの自販機などで購入しておきましょう。

 

まとめ:乗り方は従来のレッドアローと同じ!

このように特急ラビューは、従来のレッドアローを置き換える形で登場した新型車両です。

乗り方についても大きな変更点はなく、乗車前に特急券を購入するようにしましょう。

秩父へのアクセス性に優れ、特急料金も池袋~西武秩父で700円なので、秩父へお出かけする際はぜひとも特急ラビューを利用してみてはいかがでしょうか?

以上、参考にしてなれば幸いです。

<関連記事>