※追記:10月以降の増税後の料金に更新しました。

2019年現在、日本を走る唯一の定期寝台列車である「サンライズ瀬戸・出雲」

サンライズは「乗車券+特急券+寝台券」の各切符ごとに料金が設定されているため、切符購入時の料金計算が非常に複雑になっています。

 

ネットの運賃検索でも詳細な料金は調べることができないため、寝台列車が初めての人にとっては戸惑うことも多いかと思います。

今回は、そんなサンライズ瀬戸・出雲の乗車に必要な切符や主な区間の料金など、分かりやすく解説していきます。

サンライズ瀬戸・出雲の料金形態

まず、サンライズ瀬戸・出雲には以下6つの寝台・座席が用意されています。

シングルデラックス一人用個室では最も充実した寝台
シングルツイン
一人でも二人でも使える個室寝台
シングル
一人用の標準的な個室寝台
ソロ
シングルより狭いが料金が安い個室寝台
サンライズツイン
二人用の個室寝台
ノビノビ座席開放型の簡易寝台(雑魚寝)

ノビノビ座席以外は全て個室の寝台であり、寝台個室を利用する場合、乗車券と特急券に加えて、寝台券が必要になります。

ノビノビ座席は指定席特急券のみで利用できるため、こちらを利用する場合は寝台料金はかかりません。(後述)

 

乗車券と特急券の金額は乗車区間によって変化しますが、寝台料金は距離に関係なく利用する個室単位で料金が決まっています。

 

寝台料金一覧

サンライズの寝台料金
(全て一人あたりの金額です)
シングルデラックス13,980円
シングルツイン
9,600円
(※1)
シングル
7,700円
ソロ
6,600円
サンライズツイン
7,700円
(※2)
ノビノビ座席530円
(※3)

一人用の寝台で最も料金が高いのはシングルデラックス、次にシングルツイン、シングル、ソロとなります。

 

※1:シングルツインは一人でも二人でも利用できる個室であり、二人で利用する場合は補助ベッドを使用します。

シングルツインを二人で利用する場合、寝台料金は15,100円(9,600円+補助ベッド使用料5,500円)となります。(一人当たり7,550円)

 

※2サンライズツインは二人用の個室で、寝台料金は7,700円×二人分の合計15,400円となります。

サンライズツインを一人で利用する場合でも、二人分の特急料金と寝台料金が必要になるので注意しましょう。

 

※3:ノビノビ座席は、フェリーの二等船室でよく見る雑魚寝のような開放型の寝台であり、寝台券が不要な分、格安でサンライズを利用できます。

ノビノビ座席を利用する場合は乗車券+指定席特急券の2枚が必要です。

 

指定席特急券の内訳は、指定席料金の530円と距離に応じた特急料金の合計となります。

ただし、ノビノビ座席の指定料金には繁忙期+200円閑散期-200円の差があるので注意しましょう。

ノビノビ座席の詳細な料金は下記の料金合計を参考にして頂ければと思います。

 

【東京・横浜~出雲市】サンライズ出雲の料金合計

サンライズを東京・横浜~出雲市で利用した場合の合計料金は以下の通りです。

※下段は各料金の(乗車券/特急料金/寝台料金)の内訳です。

シングルデラックス
29,490円
12,210円+3,300円+13,980円
シングルツイン(一人利用時)
25,100円
12,210円+3,300円+9,600円
シングルツイン(二人利用時の合計)
46,120円
一人あたり23,060円
(12,210円+3,300円)×2人+15,100円
シングル
23,210円
12,210円+3,300円+7,700円
ソロ
21,110円
12,210円+3,300円+6,600円
サンライズツイン(二人利用時の合計)
46,420円
一人あたり23,210円
(12,210円+3,300円)×2人+15,400円
ノビノビ座席(通常期の場合)
16,040円
12,210円+3,300円+530円

 

【東京・横浜~高松】サンライズ瀬戸の合計料金

東京~高松間のサンライズ瀬戸の料金と内訳(乗車券/特急料金/寝台料金)は以下の通りです。

なお、横浜~高松間の料金は、一人あたりの乗車券の差額330円を引いた金額が合計料金となります。

シングルデラックス
28,820円
11,540円+3,300円+13,980円
シングルツイン(一人利用時)
24,440円
11,540円+3,300円+9,600円
シングルツイン(二人利用時の合計)
44,780円
一人あたり22,390円
(11,540円+3,300円)×2人+15,100円
シングル
22,540円
11,540円+3,300円+7,700円
ソロ
21,440円
11,540円+3,300円+6,600円
サンライズツイン(二人利用時の合計)
45,080円
一人あたり22,540円
(11,540円+3,300円)×2人+15,400円
ノビノビ座席(通常期の場合)
15,370円
11,540円+3,300円+530円

 

【東京・横浜~岡山】サンライズ合計料金

東京~岡山間のサンライズの料金と内訳(乗車券/特急料金/寝台料金)は以下の通りです。

なお、横浜~岡山間の料金は一人あたりの合計料金から330円引いた金額が合計料金となります。

シングルデラックス
27,950円
10,670円+3,300円+13,980円
シングルツイン(一人利用時)
23,570円
10,670円+3,300円+9,600円
シングルツイン(二人利用時の合計)
43,040円
一人あたり21,520円
(10,670円+3,300円)×2人+15,100円
シングル
21,670円
10,670円+3,300円+7,700円
ソロ
20,570円
10,670円+3,300円+6,600円
サンライズツイン(二人利用時の合計)
43,340円
一人あたり21,670円
(10,670円+3,300円)×2人+15,400円
ノビノビ座席(通常期の場合)
14,500円
10,670円+3,300円+530円

 

【東京・横浜~姫路】サンライズ合計料金

東京~姫路間のサンライズの料金と内訳(乗車券/特急料金/寝台料金)は以下の通りです。

なお、横浜~姫路間の料金は一人あたりの合計料金から220円引いた金額が合計料金となります。

シングルデラックス
27,290円
10,010円+3,300円+13,980円
シングルツイン(一人利用時)
22,910円
10,010円+3,300円+9,600円
シングルツイン(二人利用時の合計)
41,720円
一人あたり20,860円
(10,010円+3,300円)×2人+15,100円
シングル
21,010円
10,010円+3,300円+7,700円
ソロ
19,910円
10,010円+3,300円+6,600円
サンライズツイン(二人利用時の合計)
42,020円
一人あたり21,010円
(10,010円+3,300円)×2人+15,400円
ノビノビ座席(通常期の場合)
13,840円
10,010円+3,300円+530円

 

【大阪⇒横浜・東京】サンライズ合計料金

大阪⇒東京間の上りのサンライズの料金と内訳(乗車券/特急料金/寝台料金)は以下の通りです。

※東京⇒大阪の下りのサンライズは大阪駅に停車しないため利用できません。

なお、大阪⇒横浜の場合の料金は、以下一人あたりの合計料金から330円引いた金額が合計料金となります。

シングルデラックス
25,850円
8,910円+2,960円+13,980円
シングルツイン(一人利用時)
21,470円
8,910円+2,960円+9,600円
シングルツイン(二人利用時の合計)
38,840円
一人あたり19,420円
(8,910円+2,960円)×2人+15,100円
シングル
19,570円
8,910円+2,960円+7,700円
ソロ
18,470円
8,910円+2,960円+6,600円
サンライズツイン(二人利用時の合計)
39,140円
一人あたり19,570円
(8,910円+2,960円)×2人+15,400円
ノビノビ座席(通常期の場合)
12,400円
8,910円+2,960円+530円

 

サンライズの予約方法について

サンライズ瀬戸・出雲は唯一寝台列車である以上、寝台券の購入方法が通常の切符とは異なります。

サンライズの予約方法は、駅のみどりの窓口より切符を購入するか、旅行代理店よりサンライズのツアーに申し込む方法の2つがあります。

 

運賃の計算や購入の手続きが面倒な方は、サンライズのツアーでまとめて手配してもらうと良いでしょう。

※サンライズ瀬戸・出雲のツアーを扱っている旅行代理店は「近畿日本ツーリスト」です。

 

サンライズの詳細な予約方法については「サンライズ瀬戸・出雲の予約方法」を参考にして頂ければと思います。

<関連記事>