青春18きっぷは、全国のJR線(普通列車)が乗り放題になるお得な切符であり、青春18」とありながら年齢に関わらず、誰でも利用できる切符です。

※2019年の青春18きっぷは消費税増税の影響で冬季分から値上がりしました。(1枚12,050円/1回あたり2,410円)

 

この青春18きっぷには発売期間と利用期間が設けられており、なおかつルールが複雑なので、使用する際はある程度の予備知識が必要不可欠です。

今回は、そんな青春18きっぷの発売期間や基本ルール、使い方など、青春18きっぷの基本について分かりやすく解説していきます。

今年(2019年~2020年)の購入期間と有効期間

青春18きっぷは毎年期間限定で発売される切符であり、18きっぷを購入できる期間と、実際に使うことができる利用期間が定められています。

2019年~2020年の発売期間と利用期間は以下の通りです。

<春季>※終了
・発売期間:2月20日(水)~3月31日(日)
・利用期間:3月1日(金)~4月10日(水)

<夏季>※終了
・発売期間:7月1日(月)~8月31日(土)
・利用期間:7月20日(土)~9月10日(火)

<冬季>
・発売期間:12月1日(日)~12月31日(火)
・利用期間:12月10日(火)~2020年1月10日(金)

元々は学生向けに作られたきっぷということもあり、基本的に学校などが長期休暇になる時期に合わせて発売されています。

 

青春18きっぷの基本ルール

青春18きっぷは日本全国のJR全線の普通列車や快速列車など、運賃だけで乗車できるJRの列車が、1日乗り放題になるきっぷです。

青春18きっぷは、5回分(5日分)がセットになっており、一人で5日分利用したり、複数人(5人で1日)で利用することが可能です。

ただし、18きっぷは1枚の紙なので、複数人で利用する場合は一緒に行動する(改札を出入りする)必要があります。

 

この5回分は同じシーズン中であれば利用日がバラバラでも問題ありません。

ただし、夏用の18きっぷを冬季に使うといった、他シーズンへの持越しはできないので注意が必要です。

 

日付に関しては減速スタンプを押した日の深夜0時まで有効ですが、乗車した列車が翌日にまたがる場合、0時を過ぎて最初に停車する駅まで有効となります。

例えば、仙山線・仙台23時36分発の愛子行き普通列車は、終点の愛子に0時01分に到着しますが青春18きっぷは有効です。

なお、東京及び大阪近郊の電車特定区間内では終電車まで有効となっています。

 

青春18きっぷで乗れる電車・乗れない電車

sinkansentokyuseisyu18

乗り放題なのは普通列車・快速列車のみであり、別で特急料金がかかる特急列車や新幹線には青春18きっぷは使えません。

特急列車や新幹線に乗車する場合には、青春18きっぷではなく、普通乗車券と特急券が別に必要となります。

 

また、東京モノレールや北越急行、IGRいわて銀河鉄道、京阪電鉄など、JR線以外の鉄道路線も原則利用できません。

新幹線や特急列車、JR線以外の私鉄には利用できないこれは大前提なので必ず覚えておきましょう。

 

ただ、中にはJR線と私鉄が相互乗り入れを行っている路線もあり、18きっぷの使用できる区間が分かりずらいこともあります。

例えば、りんかい線はJR埼京線との相互直通運転を行っていますが、大崎駅を境に大井町・新木場方面の列車はりんかい線です。

そのため、青春18きっぷは大崎駅までしか利用できず、大崎駅より先、大井町・新木場方面へ行くにはりんかい線の乗車券を購入する必要があります。

 

このように、直通運転によって利用できる区間が分かりずらいこともあるので、事前に要注意区間を把握しておくことも重要です。

また、逆に新幹線や特急列車であっても例外的に青春18きっぷで乗車できる特例区間もあります。

要注意路線・特例区間については以下の記事にて紹介しているので合わせて見て頂ければと思います。

<関連記事>

 

なお、普通・快速列車のグリーン車自由席を利用する場合は、別にグリーン券を購入すれば「青春18きっぷ+グリーン券」でグリーン車に乗車できます。

普通・快速列車の普通車指定席を利用の場合も別に座席指定券が必要になりますが、青春18きっぷと合わせて利用できます。

 

青春18きっぷの買い方

青春18きっぷは「みどりの窓口」や「指定席券売機」から購入できます。

みどりの窓口はいつも混雑していることが殆どなので、基本的には指定席券売機で購入した方が手っ取り早いです。

 

指定席券売機で購入する場合には、最初の画面の「おトクなきっぷ」を選択し、「フリーパス」を選択すると「青春18きっぷ」が出てくるのでそこから購入できます。

機械操作が苦手な方や青春18きっぷのことで何か不安や疑問点のある方は、みどりの窓口で購入すると良いでしょう。

 

seisyun18kipu (1)

青春18切符を購入するとご案内も一緒に貰えます。

細かい決まりや例外といったことも書かれているので、案内の内容は利用する前に必ず一読しておきましょう。

 

なお、「5回分も必要ない!」という方は、金券ショップやネットオークションにて、ばら売りの18きっぷ購入することが可能です。

バラ売りの購入方法については以下の記事を参考に。

<関連記事>

青春18きっぷの使い方

青春18きっぷを使う際は、駅の有人改札を通ります。そして、利用開始時に利用人数分のスタンプが押されます。

例えば、2人で同時に利用するのであれば、2回分のスタンプを押してもらうことになります。

もし入場に駅員がいなかった、または無人駅等で、スタンプを貰えなかった場合は、降車した駅にてスタンプを押してもらいましょう。

 

青春18きっぷは自動改札機には非対応なので、改札の出入りには毎度有人改札を通る必要があります。

※無人駅で降りる場合は運転手に青春18きっぷを提示します。

 

切符を駅員にはっきりと見せて「青春18きっぷです」と伝えれば、スムーズに改札を出入りできます。

毎度、切符を出し入れするので、途中で紛失しないように注意しましょう。

 

なお、スタンプの日付がかすれていると駅員が判断に困ることがあるので、スタンプがしっかりと乾くまでは切符をこすらないよう十分注意したいです。

<関連記事>

まとめ

青春18きっぷのルールを簡単にまとめると以下のようになります。

  • JR線の普通列車と快速列車が1日乗り降り自由
  • 新幹線や特急列車。JR線以外の鉄道は原則利用不可
  • 1枚で5回分(5人分)まで利用できる
  • 改札は有人改札を通る
  • 複数人同時利用の際は一緒に改札を通る
  • 列車遅延や運休の補償はない

基本的には、JRの普通列車・快速列車のみ利用でき、一部例外を除いて、新幹線や特急、私鉄には利用できないことが大原則です。

 

基本ルールが分かっていれば青春18きっぷはとてもお得な切符なので、しっかりとルールを覚えて、青春18きっぷを活用させましょう!

より細かなルールや特例に関しては以下の関連記事を参考にして頂ければと思います。

以上、参考になれば幸いです。

<関連記事>