東京から北海道の新函館北斗を結ぶ北海道・東北新幹線には、

  • はやぶさ
  • はやて
  • やまびこ
  • なすの

の4つの列車が走っています。

また、一部区間では、秋田新幹線の「こまち」山形新幹線の「つばさ」も一緒に走っているので、実質6種類の列車が走っていることになります。

 

ただでさえ種類が多く分かりずらいため、慣れない人にとってはどの列車を利用したら良いか迷うこともあるでしょう。

今回は、それら「はやぶさ」「はやて」「やまびこ」「なすの」「こまち」「つばさ」の違いについて分かりやすく解説していきます。

東北新幹線の種別

はやぶさ:東北新幹線で一番早い

はやぶさは、北海道・東北新幹線の列車としては最も速達性に優れた列車です。

はやぶさの停車駅は

  • 東京(とうきょう)
  • 大宮(おおみや)
  • 仙台(せんだい)
  • 盛岡(もりおか)
  • 新青森(しんあおもり)
  • 新函館北斗(しんはこだてほくと)

の6つの駅が基本となっており、他の駅は全て通過または一部通過(上野や八戸など)となっています。

 

おおよその所要時間は、

  • 東京~仙台:約1時間35分
  • 東京~盛岡:約2時間15分
  • 東京~新青森:約3時間10分~20分
  • 東京~新函館北斗:約4時間15分~30分

という感じであり、主要駅へのアクセスに最も適している列車です。

 

はやぶさは全車指定席となっており、一部区間を除いて自由席はなく、自由席特急券では乗車できません。

そのため、満席時には原則として乗車できない列車です。

 

ただし、満席時には立席特急券(デッキに立っての乗車が原則で着席はできない切符)が販売されることもあります。

また、盛岡~新函館北斗間については、特定特急券(空いている座席に座れる特急券)が発売されています。

 

特急料金については、速達性に優れる分、他の列車よりも数百円ほど高いです。

※東京~大宮間、または盛岡 ~ 新函館北斗間の相互発着となる場合は除く

 

なお、はやぶさには、後述の秋田新幹線「こまち」が連結されており、東京~盛岡間は「こまち」と連結して走ります。

<関連記事>

はやて:「はやぶさ」の次に早い新幹線

はやては「はやぶさ」の次に早い列車であり、東京~盛岡・新青森間、盛岡~新函館北斗間を結ぶ列車です。

おおよその所要時間は以下の通りです。

・東京~仙台:約1時間40分
・東京~盛岡:約2時間30分~3時間
・東京~新青森:約3時間40分
・盛岡~新函館北斗:約2時間

 

はやては、大宮~仙台間はノンストップで、仙台~新青森は一部通過、新青森~新函館北斗間は全駅停車となります。

「はやぶさ」より停車駅が多いですが、大宮~仙台間は全駅通過なので、仙台までの所要時間は「はやぶさ」とほぼ同じです。

 

「はやて」は「はやぶさ」と同様に全席指定席の新幹線ですが、「はやぶさ」のような割増料金はありません。

また、「はやて」の定期列車は数少なく、臨時列車として「はやぶさ」の代わりに増発されるケースが多いです。

 

なお、盛岡~新函館北斗間は前述の「はやぶさ」と「はやて」しか走っていません。

主に仙台~新函館北斗間で「はやぶさ」が停まらない駅を利用する場合や、繁忙期の「はやぶさ」の代わりに乗る列車と言えます。

 

やまびこ:「はやて」の次に早い新幹線

やまびこは、「はやぶさ」や「はやて」よりも停車駅が多い列車であり、東京~仙台・盛岡間を走っています。

また、運行本数も非常に多く、「はやぶさ」に並ぶ東北新幹線の主力列車です。

 

「はやぶさ」や「はやて」より停車駅が多い分、所要時間も長くなり、

  • 東京~福島 約1時間35分
  • 東京~仙台 約2時間5分
  • 東京~盛岡 約3時間20分

といった感じになります。

「はやて」と違い大宮~仙台間の停車駅が多く、福島駅と仙台~盛岡間は基本的に全ての列車が停車します。

宇都宮駅と郡山駅に停車する列車も多く、主に東京~福島間、仙台~盛岡間の各駅を利用する際に便利な列車です。

 

やまびこは、全席指定席の「はやぶさ」「はやて」と違い、自由席が設けられているため、自由席特急券で乗車できます。

また、やまびこは、東京~福島間で後述の山形新幹線「つばさ」と連結して運転されています。

 

ちなみに、「やまびこ」はグランクラスのコスパが良いので、グランクラスに乗ってみたいという人にもオススメです。

<関連記事>

なすの:東京~郡山の各駅停車

なすのは東北新幹線としては最も遅い列車であり、東京~郡山までの各駅に全列車が停車します。

郡山駅止まりなので、福島・仙台・盛岡方面には行きません。

また、列車の本数も他の種別に比べると少ないです。

 

「なすの」の停車駅は以下の通りです。

・東京(とうきょう)
・上野(うえの)
・大宮(おおみや)
・小山(おやま)
・宇都宮(うつのみや)
・那須塩原(なすしおばら)
・新白河(しんしらかわ)
・郡山(こおりやま)

各駅停車の新幹線なので、主に東京~郡山間で一部のやまびこが通過する駅(小山、那須塩原、新白河など)を利用する際に便利です。

東京~那須塩原の所要時間は約1時間10分、東京~郡山の所要時間は約1時間40分となっています。

 

ちなみに、なすのは運転区間が短いこともあり、グランクラスには専任アテンダントによる車内サービスはありません。

その分、グランクラスとしては割安料金が設定されています。

 

こまち:秋田方面へ行く「はやぶさ」

こまちは、盛岡~秋田間は秋田新幹線として運転されている列車です。

東京~盛岡までは、基本的に東北新幹線の最速達列車である「はやぶさ」と連結して走るため、東京~盛岡間の「こまち」の停車駅は「はやぶさ」と同じです。

 

盛岡から先、秋田新幹線の停車駅は以下の通りです。

・盛岡(もりおか)
※雫石(しずくいし)
※田沢湖(たざわこ)
※角館(かくのだて)
・大曲(おおまがり)
・秋田(あきた)

※雫石・田沢湖・角館は一部の「こまち」が通過します。

 

こまちも「はやぶさ」「はやて」と同様に全席指定席の列車です。自由席はありません。

ただし、秋田~盛岡間に限り、特定特急券(座席未指定券)を購入すれば、指定券を持っていなくても「こまち」に乗車できます。

 

特定特急券は空いている席に自由に座れる切符ですが(グリーン車を除く)、指定券を持っている人が来た場合には席を渡す必要があります。

<関連記事>

つばさ:山形・新庄へ行く「やまびこ」

つばさは、山形新幹線であり、東京~福島~山形・新庄を結ぶ列車です。

つばさは、基本的に東京~福島間は「やまびこ」と連結して運転されており、東京~福島間の停車駅は「やまびこ」と同じです。

 

福島駅にて連結解体を行い、福島から先の各停車駅は以下の通りです。

・福島(ふくしま)
・米沢(よねざわ)
・高畠(たかはた)
・赤湯(あかゆ)
・かみのやま温泉(かみのやまおんせん)
・山形(やまがた)
・天童(てんどう)
・さくらんぼ東根(さくらんぼひがしね)
・村山(むらやま)
・大石田(おおいしだ)
・新庄(しんじょう)

「つばさ」には、自由席が設けられているので、自由席特急券を購入すれば自由席に乗車できます。

つばさは基本的に、東京~山形・新庄間を移動する際に利用する列車です。

<関連記事>

まとめ

このように、東北新幹線は早さ順で並べると、

  1. 「はやぶさ」&「こまち」
  2. 「はやて」
  3. 「やまびこ」&「つばさ」
  4. 「なすの」

という順番になります。

「はやぶさ」は最も早い分、特別料金が少し高く、「はやぶさ」「はやて」「こまち」は、全席指定席の列車です。

種別ごとに大まかな行き先・停車駅は決まっていますが、同じ種別の列車でも停車駅・通過駅が異なるので、事前に行き先や停車駅の確認は必ず行いましょう。

 

※新幹線を少しでも安く利用するのなら、新幹線とホテル宿泊がセットになった「新幹線セットプラン」がお得です!

往復利用であれば、新幹線の切符と宿泊施設を個々に予約するより安く利用できるので、宿泊込みで往復利用なら一度検討してみてはいかがでしょうか?

<関連記事>